猫の中手骨骨折

人間の手の甲にあたる部分の骨を中手骨といい、踏んでしまった・高いところから落ちた・隙間に挟んでしまったなどが原因で骨折してしまうことが多いようです。主な治療法は全身麻酔下でのピンによる整復術になります...

詳細はこちら

猫の腸リンパ腫

腸リンパ腫は猫の消化管型リンパ腫で、節外型と合わせて猫のリンパ腫の大半を占めます。病変が認められることが一般的なのが腸間膜リンパ節と肝臓です。超音波検査が診断には有用です。化学療法が治療の主体となり、...

詳細はこちら

猫の皮膚型肥満細胞腫

肥満細胞が腫瘍化したものを肥満細胞腫といい、皮膚型と内蔵型があります。皮膚の腫瘍の中で2番目に多く、顔や首や耳介といったところに発生しやすいです。治療の第一選択は外科的切除で、皮膚型肥満細胞腫は良性の...

詳細はこちら

猫の尿道閉塞

雄の猫でよくみられる尿道閉塞は、成猫から老猫まで様々な年齢で起こります。原因は色々あり、慢性的な膀胱炎が続いて尿道が腫れたり、尿道に結石や栓子物 がつまったりすることによって閉塞を起こします。 ...

詳細はこちら

猫の鼻腔内腫瘍

猫 で悪性度の高い腫瘍として鼻腔内腫瘍がありますが、犬より発生は少ないです。まれに若い猫でも見られますが高齢の猫に多いです。 種類は腺癌、リンパ腫、扁 平上皮癌などがあり、症状としては鼻汁、くし...

詳細はこちら

猫の異物

異物を誤飲誤食する猫は比較的よく見られ、若い猫で特に多く見られます。表面がツルツルしているものやサイズが小さいものでは便と一緒に出てきますが、表面 がデコボコしたもの、細長いもの、サイズが大きいものな...

詳細はこちら

猫の横隔膜ヘルニア

胸腔(心臓や肺が入っているところ)と腹腔(肝臓や腎臓や腸などが入っているところ)とを区切っている横隔膜というところが何らかの原因で裂けて、腹腔の 臓器が胸腔内に入り込んでしまう病気を横隔膜ヘルニアとい...

詳細はこちら

猫の会陰尿道廔

尿道炎や尿石症など何らかの原因で尿道が閉塞すると排尿困難になり、この状態が24時 間続くと命に関わることになります。特に雄猫に好発し、尿道にカテーテルを入れて閉塞を解除し、内科的治療や食餌療法などで症...

詳細はこちら

猫の皮膚糸状菌症(真菌性皮膚炎)

皮膚糸状菌(ひふしじょうきん)の感染を原因とする感染症で、表皮の角質層、 被毛、爪において増殖する病気を皮膚糸状菌症といいます。環境(土壌)からまたは他の猫との接触により感染し、子猫、老齢猫あるいは何...

詳細はこちら

猫(スコティッシュ)の骨関節症

猫の骨関節症は、動作時に困難と痛みを伴う変形性の関節疾患です。主に中年期 から高齢期に見られますが、若年層でも発症することがあります。スコティッシュホールドは遺伝的に発症することが知られています。 ...

詳細はこちら