Medical Guidance for Cat

猫の飼い主さんには当たり前のことですが、猫は食餌内容から病気、コミュニケーションの取り方まで犬とは全く異なる動物です。 犬と同様に扱ってしまうと余計なストレスを与えてしまったり検査が思うようにできないこともあります。
そのような部分を踏まえて猫への接し方はとても注意しています。

Aiming for a cat friendly hospital

病院設備としても、例えば待合室に仕切りを設けたり、入院室も犬とは部屋を区切るなどして、なるべくストレスのない環境づくりを心掛けています。 中年齢~高齢の猫では腎臓病、心臓病、甲状腺機能亢進症といった、症状がなかなか現れずに少しずつ進行していく病気が多く知られています。また一方で、猫は体の不調をあまり表に出さないと言われており、ただでさえ見つけづらい病気の発見を遅らせる原因にもなっています。
最近では猫の病気の研究も進んでおり、これらの病気の早期発見・早期治療ができれば、より元気に長生きさせてあげることが出来るようになってきました。 どうしても猫の飼い主さんは愛猫のストレスなどを気にして、病院での健康診断に消極的な方も多いですが、そういう方にも安心して来院して頂けるような病院づくりを心掛けています。

Cat Friendly Clinic

「CFC(Cat Friendly Clinic)」とは、猫にやさしい動物病院の"道しるべ"としてisfmによって確立された国際基準の規格で、世界的に普及しています。

CFCに認定された動物病院とは、猫専任従事者を設けることでより猫の専門性の高い知識と質の高い猫医療を提供することを猫のご家族に約束し、猫にやさしい動物病院の"道しるべ"となります。

グループ院のアリーズ動物病院はキャット・フレンドリー・クリニックGOLD認定医院です。