Blog

噛み癖について


犬の習性を理解する
犬はよく噛む動物です。
子犬の甘噛みは可愛い仕草ですが、成犬になっても噛み癖が治らないと大きな怪我にもつながるのでしつけをしてコントロールする必要があります。
しかし、犬も意味なく噛んでいるわけではないため、なぜ噛むのかを理解することがしつけの第一歩につながります。

飼い主を噛む理由
まずは噛む理由を知る必要があります。
考えられる理由として
〇本能的な欲求
寝ている時や、後ろからわんちゃんが予期せぬタイミングで触れてしまうと、防衛・攻撃行動の一環として本能的に噛んでしまう事があります。

〇口の中がむず痒い
子犬の場合、歯の生え変わるときの違和感から手や家具を噛んでしまう事があります。

〇ストレスや恐怖
引っ越しなどで環境が変わった、知らない人に撫でられた、運動不足や体調不良からくるストレスや、過去のトラウマ、不安からつい噛んでしまう場合があります。

〇甘えや興奮
飼い主に甘えている時や、遊びで興奮している時にも強く噛んでしまう事があります。
本来は犬同士のじゃれ合いの中で加減を覚えていくのですが、親と離れる時期が早いと学習できないまま育ってしまいます。

しつけの失敗例
〇大声や体罰方式で叱る
叩く、怒鳴る、マズルを強く掴むなどの痛みや恐怖を伴うしつけは絶対にやめましょう。
信頼を損ねるだけでなく、恐怖心から噛み癖が悪化し、手を上げただけで叩かれると勘違いし噛みつくようになる可能性があります。

噛み癖を治す方法
〇噛む=楽しくないと学習させる
噛むたびに落ち着いた口調で「痛い」と反応して手を引っ込める、部屋から1分ほど退出する、遊びを中断するということを繰り返します。
無視されたり遊びが中断されることは犬にとってつらいことなので噛むという行為が減っていきます。

まとめ
犬は本能的に噛む生き物であり犬にとって噛むことは自然な行為であるため、完璧になくすことはできませんが、愛犬と楽しく暮らしていくために人間社会のマナーを覚えてもらう必要があります。
何か困ったことがありましたら、お気軽に近くの動物病院にご相談ください



中野区、中野、中央、本町、新中野、杉並区、南台、和泉、和田、堀ノ内、の方は往診もいたします。

最新の記事

noimage

膝蓋骨脱臼(通称パテラ)について

《病態》 膝蓋骨(しつがいこつ)とはいわゆる『膝(ひざ)のお皿』で、膝の直上に位置する骨の1つです。...
noimage

犬の挨拶🐶

犬同士の挨拶って? ⇒犬同士の挨拶は、お互いにお尻を嗅いだり、鼻と鼻をつけるようにして嗅ぎあい ...
noimage

マイクロチップ

マイクロチップは外れることのない「小さな名札」です📛 皮下に装着する為首輪や名札のように外れ落...
noimage

ねこちゃんが食べてはいけないものPart.1

ねこちゃんの食事のイメージってなんですか? ねこちゃんのご飯はカツオ味やマグロ味など魚介類...
noimage

日本獣医エキゾチック動物学会の症例検討会

先日、当グループ芝﨑分院長が日本獣医エキゾチック動物学会の症例検討会で 口頭発表を行ってきました。...
noimage

犬や猫が「吐いた」

「吐く」は2種類ある 「吐く」とは2種類あります 胃や腸の中にあるものを口から出すことを...
獣医師
出勤表