News

FIPの治療を開始いたしました

当院のグループ病院であるアリーズ猫医療センターにおいて、FIPの治療を開始いたしました

FIP(猫伝染性腹膜炎)とは、主に若い猫ちゃんで発症し、致死率がほぼ100%と言われていた難病です
しかし数年前、このFIPに対して有効だと報告される製品が開発されました

それが「MUTIAN Xraphconn(ムティアン ラプコン)」です

日本では未承認の動物医薬品になりますが、FIPは非常に進行が早いこと、少しでも多くの猫ちゃんを救いたいという思いから、MUTIAN Xraphconnを当院でも導入することに致しました

FIP治療に関してお悩みの方は、一度ご相談にいらしてください





中野区、中野、中央、本町、新中野、杉並区、南台、和泉、和田、堀ノ内、の方は往診もいたします。

最新の記事

noimage

FIPの治療を開始いたしました

当院のグループ病院であるアリーズ猫医療センターにおいて、FIPの治療を開始いたしました FIP...
noimage

肥満について

まだまだ暑いですが暦上は食欲の秋になりました。 暑い時期も要注意ですが、肥満は様々な病気の原因になる...
noimage

9月1日よりエキゾ診療、全曜日可能となりました。

火曜日、金曜日のみ行っていたエキゾ診療ですが 9月1日より全曜日診療可能となりました。 今まで飼い...
noimage

井藤院長 退職のお知らせ

8月31日をもって井藤院長が 退職することになりました。 担当医の変更など、ご迷惑をお掛けするか...
noimage

熱中症について

猛暑が本格化しているので熱中症対策をしっかりと行い、ご家族皆様の体調管理をお願いいたします。2207...
noimage

梅雨トラブルについて

梅雨は高温多湿により体調を崩しやすいので、今回は梅雨のトラブル3つをご紹介します。 2206月ニュー...